ご祈祷・お祝い事 A prayer and congratulation 神前結婚式のご案内

photo

地鎮祭(じちんさい)

■ 基礎工事前に

正式には「とこしずめのまつり」といいます。その土地の守護神氏神様(うじがみさま)と国土守護の神様(大地主神おおとこぬしのかみ)に土地が平穏無事に鎮まり、家屋建築が無事災いなく麗しくできますよう祈願いたします。

又、鎮め物を家屋のおよそ中央土中に埋めて邪気を祓い神々の守護をお祈りします。

photo

photo

上棟祭(じょうとうさい)

■ 棟が上がる時、骨組み完成時に

屋造りは古来地鎮祭に始まり上棟祭に終わるとされ、ご守護のお陰で無事棟上げを迎えたことを神様に報告し、家内守護のお札(上棟札)を棟や屋根の中央にお祭りします。本来屋造りのうえで地鎮祭とともに大切な祭典で、大工さんの労をねぎらい散餅銭といってお餅や福銭をまいたりもしますが、最近では建築様式が変わったこともあり、新宅祭だけが行われることも多くなりました。

【上棟札について】
神主が出向しての上棟祭を斉行しない場合、便宜上の略式ではありますが神社にお越しいただき御祈祷を受けられますと上棟札を授与致します。

棟上げの当日か、当日前後にご来社下さい。
● 受付:9時~16時 / 祈祷料:5,000円より

新宅祭(しんたくさい)

■ お引越し前後に

清め祓い、屋祓いともいいご入居前後に家屋のお祓いをします。不浄を祓い水・火・木・土・金に関するものを清めて家内安全、無事息災を祈念します。

気持ちも新たに神棚をもうけて伊勢神宮の御神札と氏神様(地域の神様)の御神札を御祭りしましょう。

※ 各祭の所要時間は約40分です。

各お祭りの前後にはなるべくその土地の氏神様へご家族揃って報告参りをしましょう!

ご予約について
先ず予め神社にご連絡いただき空き状況をご確認の上、日時を調整させていただきます。
〔地鎮祭・上棟祭〕の時は、併せて施工業者さんとも日時の調整をして下さい。
※ 土、日曜はご予約が集中しますのでお早めにご連絡下さい。
  神道で行う祭典は大安や友引など、
  いわゆる六曜にこだわる必要はありません。
  工事予定に合わせることが肝心ですが、
  心情的に大安や土日に偏ります。
  日時は出来るだけ神主の予定に合わせて下さい。
出張祭典料
各30,000円
  (本格的な上棟祭をご希望の方は別途ご相談下さい。)
神饌(お供え物)を神社側でご用意した場合は
  別途5,000円お納め頂きます。
お供えもの
白米2合 / お酒2合 / 塩サジ3杯 / 水100cc / 海の幸(鯛かスルメ、昆布など)/ 野菜一盛 / 果物一盛
(一盛り=3品から5品程度の量)
※ 目安の量です。詳しくはお問合せ下さい。
玉串について
通常4本ご用意します。
祭儀の玉串は各ご代表者にご奉典いただくのが通例です。
ご参列の皆様は各々の代表者に併せてご一緒にお参り下さい。
例)お施主様(ご家族の代表)/ 施工業者様の代表 /
  設計者・現場監督など / 親族代表 /(施主の両親など)
施工業者様へ
※ 以下の内容は施工業者様へご依頼、ご相談下さい。
● 地鎮祭、起工式の際は忌縄忌竹・盛土をご用意下さい。
● 夏季や雨天時、風の強い時などはテントをご用意下さい。
  また状況に応じて椅子をご用意下さい。
● 雨天強風などの悪天候は、
  祭事に相応しくありませんので延期をご相談下さい。
お問い合わせ先
店舗、事務所開所式 ・工事安全祈願祭等ご相談下さい。
やすらぎの社 吉備津彦神社
〒701-1211 岡山市一宮1043(担当:西原)
TEL:086-284-0031 FAX:086-284-0041
→ 「出張祭典について」の詳細PDF(134KB)
→ 「お申し込みFAX用紙」のPDF(125KB)
→ 「お申し込み用紙」のエクセルデータ(363KB)
※ ダウンロードしてご記入後、FAXかe-mailにてご送信ください。
  E-mailの場合はhiko.nishihara@gmail.comまで
※ 日時のご相談は下記メールフォームをご利用ください。
PDFの表示ができない場合、AdobeReader(無料)をインストールしてご覧ください。
やすらぎの社 吉備津彦神社
〒701-1211 岡山市一宮1043 Tel:086-284-0031 Fax:086-284-0041
ページトップへ戻る